FC2ブログ

撹拌

エッチングや塗装前など、真鍮車体をキレイにする時にはクリームクレンザーと古歯ブラシを使っている。

意外と気づかないが、結構な量の研磨剤が沈殿して固まっていることが多く、水を加えて振っただけでは崩せない。

こういう時、適当な撹拌子を使うと具合が良い。
使わないステンレス製のボルトナットを2~3個ほど入れておき、カラカラ音がするまで振ってから使っている。
クリームクレンザーの成分と反応しなければ何でも良い。缶スプレーのビー玉のようにガラス製でも問題ないが、塊を崩したいので真ん丸よりも角があった方が効率が良い気がする。
撹拌01

職場のクレンザーだが、ずいぶん前に入れた撹拌子を取り出してみると・・・
撹拌02
ありゃりゃ、クロームメッキの鉄ナットを使っていたようだ。


WEBで検索すると、塗料の撹拌にステンレスナットを使っている人がいた。

私はクレオスのMr.撹拌用メタルボールを使っている、これもお勧めの道具だ。
なべさんのプラモデル製作記(2017/01/13、4:00あたり)に登場する。
スポンサーサイト

粉体ロートと安息角

ツナギの話題。

瓶に移し替える時、こぼさないようロート(漏斗、じょうご)が使われるが、液体だけでなく粉を移す時にも使われる。

左は100均のロート、右は広口じょうご(=粉体ロート)
粉体ロート1

粉体ロートは粉が詰まらないよう、出口が広く作られているのが特徴。

粉の流動性を示すのに、安息角という指標がある。
安息角が小さい(=流動性が良い)粉ならば普通のロートでも詰まることは少ないが、安息角が大きい(=流動性が悪い)粉はすぐに詰まってしまう。
粉体ロート2

振動させながら落とすとか、少しずつ落とせば詰まることは少なくなるが、そんな悠長なことはしていられない。

粉体ロートを使えば一気に充填が完了する。

粉体ロート3

洋菓子店やベーカリーなどでも、流動性の悪い小麦粉を移す時に使われている。
調理器具コーナーに置いてあることが多い。

困ったことがあっても、それを解決してくれる道具がきっとある。

活字合金

またまた話題となっている活字合金

私も以前、蒸機のウエイト用として、ヤフオクで3kgほど買い求めたことがあった。

レターパックで送られてきて、その重さに驚いた。

はじめは熔かして遊んでいたが、肝心の蒸気機関車が出来なくて、ずっとそのままだった。
鉛よりも融点が低く流れが良い。また十分に硬い。

(左=活字合金、右:鉛)
活字合金 (3)

大きさごとに分けてみたが、ウエイトだけでは使いきれそうにない。

活字合金 (1)



下の活字合金の大きさは、6.4×6.4、長さ=23.5。

活字合金 (2)

自分の名前の文字があったら、ちょっとした認印代わりに使おうかと思ったが、無かった。

謹賀新年 抵抗器のエッチング

謹賀新年

2019年も宜しくお願いします。


さて、またまた更新をサボってしまい、慌てて記事を追加してみた。

小田急2600も、車体・屋根上が出来たのであとは床下器具・・・なんて思っていたら、これがとんだ伏兵だった。
5000のキットに付属されていた床下器具を使えばイイや、という思いが甘々だった。各種器具箱やタンク類は何とかなるが、抵抗器が全く違う。5000や9000の抵抗器が国鉄113系のように箱に入った強制通風式であるのに対し、2600は自然通風式であり、京急旧1000形に似ている。

近鉄のような抵抗器ならカツミのプラ床下が使えたが少し違う。211系や西武電車のような表面にメッシュも無いので、誤魔化しようがない。せめてボツボツの表現だけでもできれば・・・と真鍮板のエッチングを試みたが、なかなか満足な結果が得られなかった。


いつものF式エッチングで、t=0.3の真鍮板を半分ほど彫り込んでみた。

下3枚:何とか使えそうな物たち。
左上:どうしようもない物たち。
右上:その途中で面白い表面処理方法が得られた物たち。
床下エッチング (1)

徐々に良くなっていったように見えるが、そうではない。一番初めが一番上手くいった。


途中で得られたものが、コレ。
床下エッチング (2)

上:何となく鉄素材っぽい表現方法ができた。蒸機のロッド類に使えそうだと思ったので、コレはコレで良しとした。
下:別のエッチング方法で真鍮表面がやや粗い艶消しになった(右半分)。ステンレス車体のダル仕上げには荒過ぎか?Russian Ironに使えそうか?


さて、本題のエッチングを上手く行うコツであるが、
一番初めが一番上手くいった事からも明らかであるように、単なるビギナーズラック・・・ではなく、「エッチング液をケチるな」ということだった。
使いまわすとロクなことが無い。

<箸休め>
よく使われる有機溶媒のTHF(TetraHydroFuran)には過酸化物の生成を抑えるため安定剤が含まれている事が多い。これをベンゾフェノンケチルで蒸留する時、「ケチルはケチるな!」などと言われたものだ。今ではカラムを通すだけで蒸留不要かつ高純度の溶媒が得られる時代になってしまった。ちなみに過酸化物による爆発の危険があるので絶対にそのまま再蒸留はしなかった。

スミ入れ塗料など

タミヤのスミ入れ塗料。

正直、買ったは良いが、使う出番が少ない。
スミ入れ (05)

瓶にもしっかりエナメル塗料と書かれている、ニオイも石油系だ。
スミ入れ (06)


コチラが使い慣れている水性アクリル塗料

スミ入れ (01)

スミ入れ (03)

ニオイはアルコール系だが、プラ塗料ほどクサくなくて使い易い。

昔はタミヤとグンゼ(水性ホビーカラー)くらいだったが、今では各社から水性アクリル塗料が発売されている。20年以上前だが水性ホビーカラーを使った時いつまでも乾かなく、ベタついてどうしようもなくなった経験がある、それ以来タミヤを使っている。
その他、アクリル絵の具も色が豊富かつ画材店で入手可能なのでウエザリングに使っている。


プラ用うすめ液の成分には、イソブタノール(C4H9OH)やメチルエチルケトン(CH3COC2H5)が含まれているとのこと。
(簡単に言うと、炭素数が増える(疎水基が長くなる)ほど塗料の溶解性が増す分、ニオイがクサくなる傾向にある。
 メタノール(CH3OH)、エタノール(C2H5OH)、イソプロパノール(C3H7OH)、イソブタノール(C4H9OH)・・・ )

ちなみに、ラッカーシンナーの成分も分析されているが、すべてにトルエンが含まれているので、どれも業務用だろう。


さて、溶剤と塗料の成分表示を見ると、
スミ入れ (02)

スミ入れ (04)

「水」が入っている。
エナメル塗料に比べて浸み出しが抑えられたのは、表面張力が強いためと考えられる。

それにしても、「有機溶剤」しか書かれていないのは、なんだかナァ・・・である。

<箸休め>
天然物から成分を抽出するとき、よくメタノールが使われる。
エタノールでも良いと思うが、値段が高い。試薬や医薬品にも酒税が掛かっているためである。
ドラッグストアなどで売られているイソプロパノール含有の消毒用アルコールは、酒税がかからないので安い。

OER2600 クーラーのスミ入れ

クーラー上面のルーバーはプレスで表現されている。
吹付け塗装では黒一色になってしまい、ルーバーの筋目が消えてしまう。
そこで、ルーバーの筋目が強調されるよう、スミ入れで表現してみた。下地は先に吹いたプラサフである。

さて、、、相変わらずの失敗談から始まる。

ウエザリング用塗料はタミヤクレオスなどから発売されている。
タミヤの「スミ入れ塗料(ブラック)」を持っていたので、最初はコレを少しだけ流してみた。ごく薄いエナメル塗料だ。本来ならばディテールに少量さすだけで、ツツツーッと伝わって影や“汚し”の表現となるのだが・・・
ルーバーの外まで派手に染み出てしまった...orz
もちろん、艶消し状態のサーフェイサーの上からエナメルでスミ入れをした自分が悪い。
試しにエナメル溶剤だけをチョコンと差してみると、あれよあれよと言う間に広範囲に染み出した。
「ナルホド、表面張力が弱いことを確認できた」(何やってんだか・・・)


気を取り直して、いつも通り、タミヤの水性アクリル塗料を使うことにした。

アクリルのフラットブラック(XF-1、つや消し黒)を同社のアクリル溶剤(X-20A)で5倍に希釈した。
小筆に含ませてルーバーにチョンチョンと触れると、ツツツーッとイイ感じに伝わっていく。

(左から、未施工、スミ入れ1回目、2回目、3回目)
クーラー (8)


あまり量が多いとルーバーの外まで上がってしまうが、エナメル塗料ほどではない。
クーラー (9)


一応、塗料を流したらすぐにドライヤーで乾かしてしまう。
クーラー (10)

ドライヤーのスイッチ操作でモタつかないよう、お得意のフットスイッチを使っている。
クーラー(11)

ドライヤーで暖まった所に薄めた塗料をさしても、広がる前に乾いてしまう。
冷めるまで、別のクーラーのスミ入れを次から次へと行った。

3回ほど繰り返したら、サイドのメッシュと同じくらいの濃さになった。

セメダインスーパーX

セメダイン スーパーXを知ったのは、やはりコチラのブログだった。(2010年6月1日は最下段にある)

それまでは2液性エポキシ接着剤を時々使用していたが、混ぜる手間や独特のニオイがあって何となく敬遠していた。

記事を見てすぐに1液性のスーパーXを買って、ヒビが入った食器棚のガラスに使ってみた。ヒビの表裏にスーパーXを盛ってHゴム状にしたが、7-8年経った今でもガラスから剥がれることは無い。
トロトロして硬化するまで時間がかかるものの、ニオイが無いことや、蓋を開ければすぐに使えるという1液性の簡便さは素晴らしい。当時は20mLしか売っていなかったので、途中で固まって使い切れなかった。出口が固まっても中身がブヨブヨ動くものは、古いM2ドリルを先端から差し込んでガーッと穴を開けてしまう、すると出るようになる。これで暫くしのいでいた。

今ではセメダイン スーパーXシリーズとして展開されており、透明の他にも白や黒などがあるらしい。
速硬化タイプのスーパーX2を使っているが、10mLチューブもあるので助かっている。
スーパーX (1)


成分はシリコーンポリマーである。
スーパーX (2)

溶剤の揮発がないのでヒケを生じない。
多少ベタついても極性が少ないため、無極性溶媒のn-Hexaneでササッと拭き取れる。


<箸休め>
ケイ素・・・元素記号=Si。原子番号=14。
炭素と同じ14族なので、いわゆる“腕が4本”、そのためケイ素の単体は共有結合性結晶でダイヤモンド構造をとる。地球上では酸素に次いで二番目に多い元素だ。
ケイ素は酸素と仲が良い。二酸化ケイ素(SiO2)は石英・水晶・乾燥剤のシリカゲル・ガラスの主成分として身の回りに多く存在する。有機合成では水酸基(-OH)の保護基として頻繁に使われる。それまでは-OHがダラーッとしていたが、シリルエーテル(-OSiR'3)として保護されると、途端に極性がなくなって一気にシャキッとする・・・1H-NMRIRスペクトルの話。
それ以上にケイ素はフッ素(F)と大の仲良しだ。シリルエーテルはTBAF([てぃーばふ]、tetrabutylammonium fluoride)などのフッ化物イオンに脱保護されて-OHに戻る。またフッ化水素(HF)がガラスを溶かすことは有名で、ガラス表面を溶かして文字や模様を付けることができる

ちなみに、シリコン(Silicon)とシリコーン(Silicone)は間違えやすい。
IMONのシリコーンチューブは、ちゃんと「シリコーン」と書かれている。

OER2600 クーラーメッシュ板の接着

F式エッチングによる自作のメッシュ板(抜いてないので、正しくは網目板)をトビカのトップガードで黒色に塗装した。なにぶん自家製なので、それほど深くは彫れていないと思う。そこで目詰まりしないよう塗膜を薄くするため、先回書いた簡易黒染め(着色)スプレーを使った。

塗装後、クーラー内側からメッシュ板を貼り付けたが、1輌=10箇所、6両で60箇所ある。
1日1輌分ずつ作業して、約1週間かかった。

接着剤を付けるスペースが少ない。かと言ってハミ出た接着剤でメッシュが埋まってはマズイ。メッシュが曲がると見苦しい・・・などなど。たかが接着であれこれ悩まされるのは、生まれ持った性分だと諦めた。

そこで今回は、ゴム系のセメダイン速乾Gと、シリコーン系のセメダインスーパーXの組み合わせで作業した。
これならば、①比較的ゆっくりと位置決めが出来て、②はみ出たゴム系ボンドは簡単に取り除ける。③金属どうしの接着力も十分ある。④毛細管現象が少ないので、いつの間にか浸み出すという瞬間接着剤のような失敗がない。

筆者は、性能の違う接着剤を2種類使うことがある。例えば、
・端梁にツナギ箱等の小物を付けるとき、少量のゴム系ボンドで仮固定してから瞬間接着剤で固めたり、とか、
・ペーパー車体に木製屋根を付けるとき、木工用ボンドで屋根板がズレないよう、瞬間接着剤で固定したり、とか。


クーラー (7)

まず、大小の穴の間にあるスペースに、ゴム系ボンドを爪楊枝でチョコンと付ける。そこにメッシュ板を乗せて位置や傾きを調整する。これを5個分=10箇所、くり返した。
10箇所終える頃には最初のゴム系ボンドが固まっているので、次にメッシュ板の周囲にスーパーXを爪楊枝でチョンチョンチョンチョンと付けた。スーパーXは部材の間に挟まるというよりも、周囲を上から覆って固定する形に近い。
シーリング
これを10箇所行ったら放置して寝る。そして翌日また次の1輌分を作業するといった具合だ。

スーパーXはすぐに固化しないので、厚紙に適量出したものを爪楊枝ですくい取って付けた。こうすると、知らずに糸を引いて手がベタベタしないで済む。ちなみに机などに付いてベタベタした場合は、ラッカーシンナーよりもn-Hexaneでサラッと拭き取れる。

翌日には厚紙に残ったスーパーXが固化しているので、クーラーに付けたものも同様に固化していると判る。

簡易黒染めスプレー(2) 焼付け編

ファインケミカルのブラッセンはかなり安価な方だ。
(モノタロウで1,290円/420mL)
ラベルにはカッコ書きだが、ちゃんと“着色”と書かれている。

(左:トビカのトップガード、右:ファインケミカルのブラッセン
黒染めスプレー (2)

黒染めスプレー (3)



さて、
床板を車体にネジ止めしたり、車輪が当たると黒の塗装が剥がれてガッカリすることが多い。
強い塗膜を求めて“焼き付け塗装”の検索をしていた。

そんな時、ブラッセンを使って簡易焼付け塗装をしているブログを見つけた。そのブログ主はさらに、誰でもできる「電子レンジ・オーブン焼付け塗装法」の完成まで発展させていた。ブログではブラッセンの塗装後に耐熱ペイントスプレーを吹き付けて良好な食い付きを得ている。
※筆者注:実際にはオーブン機能で加熱するため、マイクロ波でお弁当をチン♪する機能は使わない。


早速ブラッセンを買ってみた。
ラベルにはちゃんと「加熱により密着性が向上する」と書かれていた。
黒染めスプレー (4)

塗膜が厚くなるため耐熱ペイントの重ね塗りはせず、ブラッセンだけである程度の強い塗膜(密着性?)を期待した。

まぁダメでもトップガードと同じように使えるから…と、かなり気楽だった。


まず、何も付けていない床板(=ほぼ真鍮板)を、クレンザーと中性洗剤で洗浄・乾燥後、ブラッセンを“普通に”吹き付けた。
軽く乾燥させて溶媒を飛ばした後、150℃のオーブントースターで10分間、床板を加熱してみた


見た目はトップガードと同じような、グラファイトの上品な艶消し黒の仕上がりだった。

放冷後、恐る恐る塗膜の強さを調べてみた。
爪でカリカリしようが爪楊枝でゴシゴシ擦ろうが、艶が出るくらいで剥がれない。さすがにドライバーで傷をつけると真鍮の下地が見えた。塗膜が非常に薄い。
黒染めスプレー (5)


耐溶剤はどうか。

・綿棒にラッカーシンナーを含ませて軽く擦ってみた。
 →予想どおり黒色が落ちた (´・ω・`)

・エタノールを含ませて拭いてみた。
 →キレイに拭き取れてしまった。 orz... 缶の中の溶剤がAcOEt、AcOBu、i-PrOHだからしょうがない。
 (同じグラファイトのスプレーでも、アセトンで拭くと落ちてしまうというレビューがあるくらいだ)

・ヘキサンを含ませて拭いてみた。
 →変化なし。


次に、トップコート出来るかどうか、クレオスの艶消しクリアー(プラ塗料)を吹いてみた。
黒染めスプレー (6)

塗料を弾くこともなく、均一な艶消しになった。多少こすれて艶が出てもトップコートで均一になるということだ。
耐溶剤性はプラ用塗料に準ずるかたちとなり、ラッカーシンナーでは落とせてしまうが、エタノールには強くなった。


結果として、
○ラッカーの黒色とは違う仕上がり。
◎塗膜自体が薄いので、ディテールを潰さない。
◎床板や床下機器など、物が当たって塗装が剥がれるような部分には有効な手段。
△そのままでは、薄く溶いた塗料でウェザリング出来ないが、トップコートを施せばある程度は可能。


ブラッセンの他にも、オーデック 簡易焼付塗装スプレー グラファイトブラックという物も、焼付け塗装を謳っている。こちらはまだ使ったことが無い。

もちろん、トビカ トップガードでの簡易焼付け塗装もやったことが無いし、勿体ないのでやりたくもない。

簡易黒染めスプレー(1) ガッカリ編

いわゆる“簡易黒染めスプレー”として、模型会ではトビカ(東美化) トップガードが有名である。
あちこちの製作記事でも時々出てくるので、御存じの方も多いと思う。ラッカー塗料と違い、超微粒子のグラファイトを吹き付ける。速乾性と薄い塗膜、仕上がりの黒色も独特な風合いがある。
モデルズIMONや、エコーモデルなどの模型店でも販売されているが、価格はチョッと高めだ。

もう少し安価なものを探して、オーデックのブラックシール(\2,600/420mL)をしばらく使っていた。こちらはグラファイト(黒鉛)は使っていないらしい。その後は以前に買ったトビカのトップガード(\3,000/420mL)を勿体ないので使っているが、高いだけで性能に大きな差は無いと感じている。

現在、
 ・友和 ブラックガード SU-51 (\2,400/420mL)
 ・トラスコ中山 αクロゾメスプレー (\1,533/420mL)
 ・男前モノタロウ 黒染めスプレー (\1,090/420mL)
などなど・・・。
今ではPB商品まである。やはり簡易黒染めスプレーには需要があるのだろう。

さて、これらの簡易黒染めスプレーであるが、いさみやの常温黒染め液のような、化学反応による黒色酸化被膜の形成を期待して飛びついてみたものの、塗料と同様塗装であることにガッカリした。もっと言えば、シンナーに弱いのでキレイに塗ってあっても簡単に拭き取れてしまう。


「黒染め」ではなく「塗装」と書いておいてほしい!


もちろん使い道はある。床下器具を黒一色だからと言って缶スプレーのツヤ消し黒で吹くと、これが意外と厚塗りになってしまう。それを避けたい時はトップガードを使っている。ディテールも潰れず、上品な程よい黒に仕上がる。

(左: orz 的なトップガード、右:これから話題とするブラッセン)
黒染めスプレー (1)

これだけならば、単なるネガティブキャンペーンで終わってしまうのだが・・・。

(つづく)
プロフィール

むすこたかなし

Author:むすこたかなし
1/80くらいの日本型鉄道模型の工作日記です。最近は真鍮工作ばかりですが、紙やプラ工作もやります。必須アイテムはリューター&フットスイッチです。
2017年8月より以前の記事はfreemlをご覧ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR