FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
202005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202007
0番1種ネジ
 筆者が使っているプラスネジ(ナベネジ)は、ねじ頭が小さな0番というネジだ。

 昔の真鍮車輌には、ピカピカのニッケルメッキで頭が丸っこいネジが使われていた。筆者の父はそれを嫌って平たい頭の黒いネジにすべて替えていた。その後、筆者自身も平たい黒ネジを使わなければ気が済まなくなった。今では模型店でも20本の小分けで売られているが、当然単価が高い。

(写真:スペーサーのΦ3.1孔に、頭部径(D)=3 mmの0番1種ネジが収まっている。これがD=3.5mmだとキビシイ)
OER26ボルスタアンカー03

 秋葉原の西川電子部品というネジ専門店ならばある程度の種類と量は入手できるが、逆にM1.2パンタビスのような極小ネジは売ってない。超低頭ネジも売っていなかったが、PCのHDDがSSDに代わりつつある現在ならどうだろう。

 さて、模型店では「S」とか「頭小」という商品名だが、ネジ専門店では通用しない。(そもそも秋葉原では素人の言うことは通用しないのだ・・・)

 ネットが普及してから、これらのネジが「0番ネジ」または「マイクロネジ」と呼ばれる事を知った。0番ネジには頭の大きさで3種類ある。最近よく使うのは0番1種という頭部径(D)が小さいものだ。M2ネジでもD=3 mmしかない。エコーモデルの「S」、IMONの「頭小」はまさにコレである。(黒色処理の違いなのか、両社では表面の艶が微妙に違う)
 0番2種は頭部径が3.5 mmある。0番3種になると頭の厚み(頭部高さ)が1 mmある。大方の真鍮キットに入っているネジは0番2種以上である。

 逆にナベネジよりも頭径が大きいものではバインドネジ、さらに大きいものにトラスネジがある。M3以上のトラスネジならホームセンターでも売っているが、さすがにM2は無い。
スポンサーサイト



ルーター用ルーマー型ドリルの効用
 模型製作に使われるホビー用のドリルには、ストレート型とルーマー型がある。(六角軸やテーパーシャンクは割愛する)

 ストレートドリルと言えばNACHIがお馴染みだ。模型店でもホームセンターでも売っている。
 小径のルーマーではシャンク径が1 mmの金森ドリルが有名だ。(金森ドリルでは“型”ではなく“形”を使っている)


 ボルスタアンカーのスペーサーを作る時にΦ3.1の孔を開けたことは述べたが、いきなりΦ2やΦ3のドリルを使った訳ではない。アルミ板なのでドリルが喰い込み、ワークが回転して怪我の元である。面倒でも小さな径のドリルから順番に孔を拡大した。写真の左から、Φ1→1.5→2→2.5→3→3.1、と切削量を+0.5 mm(片側で0.25 mm)ずつ増やした。喰い込むことも無くスッと孔あけできた。
ボルスタアンカースペーサー05

 初めのΦ1は切れなくなったドリルの刃先を研ぎ直したもの。すくい角や逃げ角にはそれほど気を配らなかったが、ポンチマークから外れないようチゼルエッジは小さく削っておいた。

 Φ1、1.5、2はシャンク径=2.35 mm(※)のルーター用ルーマー型、Φ2.5、3、3.1は鉄工用ストレートドリル。卓上ミニボール盤でもこのルーマー型を使うとドリルの交換が極めて楽である。2.35 mmを銜えたらドリルの交換は三つ爪チャックを少し開くだけで済む。Φ3からΦ1へ戻す時もチャックの爪の間に挟まることも無い。小径のストレートドリルが爪に挟まってイライラされる方も多いと思う。

 さらにシャンク径=2.35のドリルセットなら刃の長さも大体同じなので、高さ調節もほとんど不要というオマケ付き。

 ちなみに写真のΦ1.5、2は刃長が長めのチタンコーティングされた物。ネットで売っているΦ0.5~2.2の10本セットでいかにも怪しい海外製である。安物ゆえ当然チゼルエッジのシンニングなど皆無だが、いきなりポンチマークに孔あけする訳ではないので問題はない。同じシャンク径=2.35mmにはRELIEFのルーマー型ドリルセットもあるようだが、それよりも刃長があるため適度にしなって具合が良い。

※ シャンク径=2.35 mmは3/32 inch規格。物によって2.34 mmと表記されていることもある。この他にも3.17 mm(1/8 inch)という工業用規格もある。なお、ホームセンターの工具売り場ではシャンク径=3 mmが多いので要注意。
ミニベンダー
 このキットには通しのアングルが無いく、側扉がアングルの代わりになっているのだが・・・。

 いくつかの場所ではその折り曲げ角度が甘かった。
ミニベンダー01

 この角度を修正するためのミニベンダーを作ってみた。

 材料はあり合わせのt.2真鍮板、鉄製のM2長ネジ、ナットとワッシャー。
ミニベンダー02

 ワッシャーを挟んで真鍮板2枚をネジ止めした。一枚の真鍮板はエッジを面取りしておく。
 ミニベンダー03

 折り曲げ角度が甘い箇所に挟み込んで、側板に密着させつつ2本の長ネジを押してジワリと曲げ直した。
 ミニベンダー04

 この時、真鍮板の面取りエッジが効いてくる。
 ミニベンダー05

 扉の半田付けが取れないよう、慎重に折り曲げた。
 ミニベンダー06

 曲げ直しの前と後。大体同じになった。
ミニベンダー07

 まったく、先にく急いで塗装をするとロクなことが無いや・・・。
下穴用Φ0.4ドリル
 下穴用のΦ0.4ドリルについて質問を頂いた。

 ホビーショップで売っている市販のドリルではない。工業用の中古品をネットオークションで50~80本単位ずつ買って使っている。1本20~30円と気兼ねなく使える。ただし注意点が2つある。

① 超硬ドリルなので撓まない。下手にぶつけたり、孔が貫通した瞬間に軸がズレるとポキッ!と折れやすい。これを何度も繰り返した結果、ドリルが小指側になるよう握るかたちとなったフットスイッチも必須だ。

② 軸径が3.17mmもある。普通のルーター用交換ビットは2.35mmだ。そのため写真のような、三つ爪チャックが付いたルーター(青)に直接咥えたり、三つ爪チャックをアダプターにして2.35用のルーター(赤)に取り付けている。

超硬ドリル04mm

 それらの欠点を凌ぐほど愛用しているのは、さすが工業用、この細さでも先端が加工されていてよく切れる。折り込んで取れなくなると大変だが、幸いにも筆者はそこまでの経験が無い。折れた刃が少しでも出ていれば、そこをニードルノーズプライヤーで挟んで取り出している。

 穴あけ前に切削油をチョコンと付けるのは忘れない。
チゼルエッジ と シンニング加工(その2)
 ドリル刃の整理がてらルーペでしげしげ観察していたら興味深い物が出てきた。

 チゼルエッジが潰れた物(写真左)と、同じ径でシンニング加工された物(写真右)である。真ん中は比較用のドリル(2.5 mm)。
シンニング05

 「M2ネジ用のバカ孔は2.4 mmに限る!」という経験なのか何本も出てきた。よほど2.4 mmが好きだったようだ。センターがピタリと合えばもっと径が小さい孔でも良いところを、自分でも呆れるほど孔開けが下手だ。チゼルエッジが完全に丸くなっているのは、ここが一番スラスト抵抗を受ける結果である。下孔を開けるひと手間を惜しんでいたか、その発想がまだ無かったようだ。ひょっとして「チゼルエッジのせいでポンチマークから外れていたんだ…」などと、今更ながら苦しい言い訳をしてみる。


 好きな径のドリルなので、気になったら思わず買ってしまう(笑) その中でも比較的新しく買ったドリル(写真右)がシンニング加工されていたのを初めて知った。当然チゼルエッジが小さい。
シンニング06

 どちらも普通の鉄工用ドリルだが、刻印が違っていた。新しい物(写真上)は長手方向であり、古い物(写真下)は円周方向に記されていた。
シンニング07

 なんでもっと早く新しい物を使わなかったのか。

 まったく、我ながら“違いが分からない男”である。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.