FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
色差しは烏口で
IMG_0900.jpg

Hゴムのグレーや、アルミ窓枠の銀色を、烏口で差すことが多い。

昔から使っている物(左)は、アヒルのように先端が幅広で、一度に蓄えられる塗料も多い。
 窓の一辺を連続で描くと、丁度片面分となって、新しい塗料に替える。
 (私は一窓ずつグルッと描く派ではないので、一辺を連続して描き入れる)

最近、画材店の世界堂で買った物(右、¥1,500~2,000)は、鋭角に尖っている。
 その分、蓄えられる塗料も少なく、やや深めに塗料ビンに漬けて量を確保している。
  また、描いていると羽が下地に食い込む感触があったので分解したところ、かなり先端が鋭利だった。

そこで、先端を丸く落とすと同時に、先輩方が言われるように羽を短くして、引っかかりを作った。(右)
 その結果、2つの良い点が得られた。

1)滑らせちゃっても、塗料が付きにくい。(羽の長さが違うため)

2)引っかかる側(断面)にも塗料が回る。



上は段差を付けた烏口で描いたもの。窓の断面にも塗料が回っている。

下は従来の烏口で描いたもの。窓の断面に塗り残しが見られる。


・・・最近の中高生の製図セットには、烏口が入っていない。
 こんな便利な道具を、多くの若いモデラーは知らないのだろう。
スポンサーサイト



自作デカールの修正と耐久性
OER80蘭-13

ロゴマークの色と漢字のフォントを修正した。
 自作デカールだからすぐに作り直せるし、単価が安いので気楽だ。

OER80蘭-11

さて、前回のデカールを剥がす必要があるのだが、これがなかなか強い。
 貼る時にはいつもと同じくマークセッター(=のり成分)を使ったくらいで、特に変わったことはしていない。

水を付けただけでは剥がれないので、エタノールを含ませた綿棒でサッと拭いたところ、やっと取取り除けた。
  あまりゴシゴシこすると車体の塗膜を侵しかねない。

OER80蘭-12

タトゥーシールの水貼り側は、本来貼り付ける用途ではなく、単に台紙が付いているだけ。
 なので、どの程度の耐久性なのかが心配だったが、これならいけそうだ。
チャレンジは大変だ
OER80蘭-11

新しいことにチャレンジするのは大変だ。
 10個のうち、1個くらいしか上手くいかない・・・、失敗ばかり。


アルプスのMDプリンターを持ち合わせていない私は、こういうデカールを自作する必要がある。
 特注のインレタも良いけど、自分でサッと作れれば、それに越したことはない。


吉田兼好も言いてました、「先達はあらまほしき事なり」 と。
 参考URLはこちら
 ↓
https://www.youtube.com/watch?v=ww3gPQFuKNQ

その仕上がりに一度は見限ったタトゥーシール、印刷した水貼り側にクリアーを吹いて作った極薄デカール。
ラッカー系のMrスーパークリアー(光沢、缶スプレー)を吹いたがOKだった。
コツは印刷したあとに “良~~~く” 乾燥させること。
あと、普通のデカールよりも薄いので、貼る時に十分注意すること。

下に広告が出ちゃった・・・
 13mmボルスターから、1ヶ月も経っちゃったんだねぇ、age!
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.