FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
スパイク製2条ウォーム(4)
森井氏から頂いたコメントの追補。

氏のGBはその形状からGB-1302(車軸径3φ、C62用)かと思われる。スパイクモデルの価格表(H25年、PDFファイル)を見ても単品売りのGBはGB-1302(車軸径3φ)しかない。値段も9600用動輪セットはC62用動輪セットの2倍もするので別物の可能性が高い。

筆者の9600用GBは、動輪押えもダイカスト製で半円状の欠き取りがある。
動輪押えとGBでベアリングが支えられており、車軸はGBに触れていない。
スパイクギヤ14

動輪軸は1.5mmだった。
軸箱とベアリングでノギスが入らないため、スケールで挟んで測ってみた。
スパイクギヤ12


非動軸も1.5mm。
輪芯に見える軸端は一般的な動輪より細い。分解していないので、ジャーナル部分が1.5mmのストレートなのか段付きなのかは不明。
スパイクギヤ13


組み立てた状態。
動輪押えの底が無く、ギヤが露出している。
スパイクギヤ10

ギヤ下のクリアランスは非常に少ない。
動輪径=1250mm(1/80で15.5mm)の9600にとって、ダイカスト製の密閉式カバーは苦しいと言えよう。
スパイクギヤ11

BoB氏はギヤカバーを作ったりワッシャーを噛ませたり手を加えられたそうだ。(おそらく森井氏と同じ車軸径3φのGB-1302かと思われる)
それでもギヤにはアタリ・ハズレがあるらしい。


※筆者が言いたかった「それでも逆駆動できている」という事実をお見せするため、逆駆動の状況をYoutubeにアップしてみた。予想以上にスムーズな逆駆動だと思うが、如何だろうか?

GBの幅も狭いので13mmや12mmにも使いやすい。
これで、ギヤ比が互いに素だったら、ベアリングが正しく使われていたなら、密閉式ギヤカバーだったら・・・。


「3条ウォーム」と「スパイク製2条ウォーム」で“逆駆動できるGB”を連載した。特にHOサイズでの反響が大きかったのは、やはり潜在的な需要があるのだろうと勝手に納得した。

<おしまい>
スポンサーサイト



コメント
コメント
私もGB-1302を使用しています。10年以上前にプロの方から何個か購入したのですが、改良のために加工したという説明をされたものの具体的な内容を聞きそびれてしまいました。
 調子の違いはウォーム軸とモーター軸の芯出しがうまくいっているか否かによるところも大きいと思います。
 16Φ~18Φくらいのコアレスモーターでは1:15というギア比では低速が不安定なので、芯出しの面倒なウォーム軸とモーター軸のジョイント部分にカップギアを入れ、低速の安定性を得得るの同時にと芯出し作業を回避しています。
 このカップギアというのは1960年代後半に関水金属がEF70などに使用していたものでカップの内側に歯がある「内向きの」スパーギアですが、噛み合わせの調整次第でそこそこの静粛性が期待できます。ピニオンが12T、カップギアが20Tなので、トータルで1:24.9・となります。1:15の状態に比べると渋くなりますが、それでも押せば転がります。
2019/09/22(日) 03:07:04 | URL | 01175 #- [ 編集 ]
ギヤカップリングですか!
01175様、コメント有難うございます。

軸の芯出しにルーズカップリングではなく「カップギア」という物があるのですね。浅学ゆえ初めて知りました。関水金属というところも流石だと思いました。
2019/09/22(日) 06:34:06 | URL | むすこたかなし #- [ 編集 ]
現在使用中のカップギアは1968年当時に購入した物や、2005年頃に古い模型店で安売りしていた物から取り外して使っています。 カップギア装備時代のEF70はオークションですと500円くらいで恒常的に入手できるようです。
2019/09/23(月) 16:27:17 | URL | 01175 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.