FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
洗面台のツマミの破損
我が家の洗面化粧台はかれこれ15年使っている。水を溜めるためには脇のツマミを押し引きする。
上げ下げ型のツマミはステンレスなどの金属製が多い。これは樹脂製だ。

爽やかな日曜日の朝、これが破損した。

・・・軽便祭は諦めた。

(写真の引き棒の穴は後から開けたもの)
取っ手1

ツマミと引き棒も樹脂製でありT字の付け根で割れていた。
「あぁ、ウチもか・・・orz」 
応力が集中したのだ。

取っ手破損

接着剤でチョチョッとくっ付けてもまたすぐ外れるのが目に浮かぶ。引き棒の素材は不明だがおそらくPOM(ポリアセタール)と踏んだ。接着は絶望視された。
グイッと引っ張る場所なのになぜ金属を使わないのか?これだけのために洗面台を買い換えるなんてアホらしい。修理を呼んで部品交換だけでも1万円は下らないだろう、あぁこれも“商売”なのか・・・。

手持ちの材料を思い出し、無い知恵を絞った結果、ステンレスの長ネジでツマミを貫通してネジ止めすることにした。


さて、樹脂の引き棒に下穴を開けて、タップを切って、ネジ止めした。Φ6の引き棒ならM3くらいか、2.5mmの下穴を開けた。

と、文字で書くのはたやすいが、
・まず、引き棒が外れない。
・グルグル回ってしまう。
・棒の中心に真っ直ぐ下穴を開ける。
・ネジ部は10mmくらい欲しい。
・そして、割れたら THE END 。

思いつくのは、引き棒にテキトーなパイプを被せて、これまたテキトーなパイプをガイドにドリルで穴を開ける、という方法であろう。しかしそんなパイプなど都合良く持ち合わせていなかった。

使えそうなものは無いかと工作室を見渡したら、ER16の春コレット(※)とM3用の長ナットが都合良くあった。
ERコレットをこんな使い方したら、たぶん怒られる。
しかしパイプと違い、指で引き棒をギュッと締め付けられるのは大きな利点だ。

取っ手2

ERコレット(5-6mm用)のお尻にM3の長ナットが丁度入った。
いきなり2.5mmのドリルだと樹脂棒は確実に割れる。0.7あたりから始めて1.0→1.5→2.0→2.5と徐々に穴を広げた。
M3の長ナットを使ったのは、ネジ穴(内径?)が2.5mmという点に目を付けたから。
下穴を徐々に広げるときストレートドリルではなくミニルーター用のドリルを使った。軸径が2.35mmなのだ。長ナットの内径が丁度ガイドになる。これで引き棒の中心に下穴を開けられた。

次にタップを立てた。
M3のタップは軸が4mmである。外径6mm-内径4mmのプラパイプが手元にあったので、L=10mmほどに切ってコレットに差し込んでガイドにした。
取っ手3

少しずつ少しずつタップを立てていった。

約10mmほど雌ネジが切れたところでM3の長ネジを入れてみた。
引き棒は割れていない。割れ止めとして針金を巻いておくとさらに安心だろう。
取っ手4

ツマミにはΦ3の貫通穴を開け、ナベネジの頭を沈めるため6mmのドリルで座繰った。ドリルだけでは底部にテーパーがつく、最後はエンドミルでオシャレに仕上げてみた。

穴あけもタップ立ても必ず電動工具を使い、「進行方向と回転方向」だけに力を掛ける。ピンバイスなど手持ち工具では回転軸がブレてワークが割れたりドリルやタップが折れるのだ。


ネジ頭が露出しているが、まぁ良しとした。頑張った証しだ。
あと5年くらい、せめてリフォームまでは耐えて欲しい。
取っ手5

破損から4時間で修復できた。実働2時間、あとの2時間はひたすら工具を探していた。買ったのは覚えているが見つからない!

工具はすぐ使える場所にあるべきだと痛感した。

※スプリングコレットをAliexpressで探すと、商品名は「春コレット」。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 切断機のハンドルの同じような事例ですね。既製品には意図的に壊れやすくしているんじゃないかと思うものが多々あります。私も直せるものは多少見てくれが悪くなっても直しています。
2019/10/02(水) 18:04:58 | URL | モハメイドペーパー #- [ 編集 ]
貯水栓周りは今風の洗面台の弱点ですね。かくいう私も直せるはずもなく、故障を起こさぬよう洗面器を中に入れて洗顔し、レバー周りの使用頻度を落としています。
もう一つの弱点は1レバー式の混合水栓でしょうか。2コックの原始的なものなら自力で直せるのですが。
2019/10/06(日) 22:21:48 | URL | たづ #tCTK1XvE [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.