FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
OER2600 ボルスタアンカー(1)
 アングルの曲げ直しや各所にスペーサーを挟んで、やっと床板の高さが決まった。

 懸案のボルスタアンカーの取り付けに移るのだが、台車は日光モデルのFS385(9000形用)を流用している。本来2600形の台車はクハがFS060モハとサハがFS360である。2600形にしてはボルスタアンカーが立派過ぎる・・・まぁこれでいこう。

 MPギヤ用の枕梁とボルスタセットを使っているM車を基準とし、レール面から車体裾までを12 mmに調節した。
。写真のボルスタアンカーは未塗装のままなので、今後台車と同じ灰色に塗る。
OER26ボルスタアンカー01

 このキットは床板下面までが約13 mmである。(標準的には14 mm) ボルスタアンカーを床板にネジ止めしたが、当然そこにもスペーサーが必要となった。床板高さが微妙に異なったり床板止めネジを避けたりと、結局現物合わせで一輌ずつ作る羽目になった。帰宅後の工作で1日1輌分(4カ所)がやっとだ。

 工作が進まないのでネタが無い。次はスペーサー作りとボルスタアンカーのネジ止めという、誠に地味な報告となる。
スポンサーサイト



コメント
コメント
電車は全車を揃えなければならないのが大変ですね。(なので私はちょっと苦手です)
ジグなどを使った標準化や工法の効率化を工夫されているのでしょうか?(次回を期待しております)
2020/05/23(土) 09:26:48 | URL | Tavata #aEClN2Mg [ 編集 ]
Tavataさま、コメントありがとうございます。
今回は色々な寸法誤差もあり、治具を作っての工作は出来ませんでした。ネジの位置を変えれば良いのでしょうが、それだけでも一仕事です。
また編成物は、1輌ずつの寸法よりも通しで見た時のつながり(横帯の高さなど)を揃えた方が良い印象にあると読んだことがあります。
2020/05/25(月) 09:10:25 | URL | むすこたかなし #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.