FC2ブログ
 しょうなんでんしゃ のブログ
 1/80くらいの鉄道模型の工作
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
0番1種ネジ
 筆者が使っているプラスネジ(ナベネジ)は、ねじ頭が小さな0番というネジだ。

 昔の真鍮車輌には、ピカピカのニッケルメッキで頭が丸っこいネジが使われていた。筆者の父はそれを嫌って平たい頭の黒いネジにすべて替えていた。その後、筆者自身も平たい黒ネジを使わなければ気が済まなくなった。今では模型店でも20本の小分けで売られているが、当然単価が高い。

(写真:スペーサーのΦ3.1孔に、頭部径(D)=3 mmの0番1種ネジが収まっている。これがD=3.5mmだとキビシイ)
OER26ボルスタアンカー03

 秋葉原の西川電子部品というネジ専門店ならばある程度の種類と量は入手できるが、逆にM1.2パンタビスのような極小ネジは売ってない。超低頭ネジも売っていなかったが、PCのHDDがSSDに代わりつつある現在ならどうだろう。

 さて、模型店では「S」とか「頭小」という商品名だが、ネジ専門店では通用しない。(そもそも秋葉原では素人の言うことは通用しないのだ・・・)

 ネットが普及してから、これらのネジが「0番ネジ」または「マイクロネジ」と呼ばれる事を知った。0番ネジには頭の大きさで3種類ある。最近よく使うのは0番1種という頭部径(D)が小さいものだ。M2ネジでもD=3 mmしかない。エコーモデルの「S」、IMONの「頭小」はまさにコレである。(黒色処理の違いなのか、両社では表面の艶が微妙に違う)
 0番2種は頭部径が3.5 mmある。0番3種になると頭の厚み(頭部高さ)が1 mmある。大方の真鍮キットに入っているネジは0番2種以上である。

 逆にナベネジよりも頭径が大きいものではバインドネジ、さらに大きいものにトラスネジがある。M3以上のトラスネジならホームセンターでも売っているが、さすがにM2は無い。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.